HOME>特集>矯正装置が目立つのが嫌という人に最適な治療法

矯正中であることが分からない

マウスピース

歯列矯正と言えば、歯の表面に銀色のブラケットを接着してワイヤーをかける治療を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし大阪の矯正歯科で行っているインビザラインは、目立たない矯正ができる治療法となっています。そのため人に知られることなく、歯並びを直せるのが特徴です。

矯正で使用される装置

診療室

大阪の矯正歯科クリニックがおすすめしているインビザラインは、マウスピース矯正とも呼ばれます。取り外しが可能なインビザラインの「アライナー」はほぼ透明となっている為、はめていても目立たないのが特徴です。

歯の表面に直接矯正装置を取り付ける治療は、違和感を覚える人も多いものです。しかしインビザラインなら簡単に取り外しができる為、抵抗なく矯正治療を続けることができます。大阪の矯正歯科クリニックでは、違和感の少ない矯正治療法として患者さんにおすすめしています。

インビザラインはいつでも取り外しができるので、常に清潔に保てるというメリットがあります。食後もいつもと同じように歯磨きができ、虫歯のリスクも抑えることが可能です。歯に汚れが付いた状態でインビザラインを装着すると、インビザラインが汚れたり菌が繁殖したりすることがあります。大阪の矯正歯科クリニックでは、清潔な状態が維持できる矯正治療としてもおすすめしています。

広告募集中